砂田喜昭のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ハッチョウトンボの生息を確認、7月22日、小矢部市内にて

<<   作成日時 : 2016/07/22 13:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

富山県の天然記念物にしていされているハッチョウトンボが生息していると聞いて、さっそく行ってみた。
熊でも出没しないかとおそるおそる現地を近づいてみた。
池がほとんど干上がっていたが、わずかに湿地が残っていたところに、オス2匹を確認。
画像

メスは見つけられなかったが、黄色いイトトンボは居た。写真には収めなかった。
現地の案内板。
画像

ハッチョウトンボについては、ゴルフ場開発による農薬散布が心配されていたが、約30年後の今日、確認できたのはうれしい。

参考 88年12月議会で

二、ゴルフ場の開発について

 12月10日、新日本婦人の会のお母さんたちが、大家市長にいくつかの要望をしましたが、その最後にゴルフ場の開発の規制を求めるものがありました。「既存の千羽平ゴルフ場のほかに、現在ゴールドウィン関連のものなど二、三ヵ所のゴルフ場の開発が噂されています。自然を破壊し、農薬や車の排気ガス等による環境汚染を防止するために」として、開発の規制を求めていました。そこで、市の対応についていくつか質問します。

 興法寺のハッチョウトンボは県の文化財にも指定されており、これへの影響が心配されます。小矢部市ではトンボとともに、その生息地である小谷の池周辺も地域指定されています。

 ハッチョウトンボは、御存知のように、その生存条件がたいへんきびしいことで有名であります。適切な湧水が絶対に必要です。ハッチョウトンボの生息地は市内では末友にもありますが、興法寺は県内でも、環境の安定度からみて将来の不安も少なく、その他の動植物を含めて貴重な場所であるとされています。これは、昭和58年6月27日に調査された田中忠次氏が市に報告しておいでることです。

 その報告書のなかで、田中氏は大沢野町万願寺のハッチョウトンボが、その生息地の下のほうにゴルフ場が作られてから、湧水の流れが少し変化し、植生に変化が生じ、絶滅の危機に瀕していると述べておいでます。

 私は昨日、田中氏に確めたところ、最近、県文化課の依頼があって、他の専門家と現地を見に行ってきたが、地下水にどのような変化が出るか懸念される、また、小谷の池にながれこむ源流がどうなるかということも気になる、それさえ大丈夫なら良いのだがということを語ってくださいました。

 ゴールドウィンの計画をみますと、ハッチョウトンボの要保護地域は確かにはずされています。しかし、小谷の池をとりかこむ尾根からながれこむ水がどうなるか、地下水に影響しないかということになりますと、たいへん心配になります。県の自然保護課や文化課では要保護地域から外れているだけでは駄目だといっておりました。地下水への影響を考える必要があるというのです。
 市はこの問題をどのように検討し、考えておいでるのか、お答えください。

岩峰教育長
 ハッチヨウトンボの生息条件を毎年調査しているが、コース設計にあたって生態に影響を与えないよう指導し、コース変更などを協議している。
 県指定文化財なので、農薬についても県は充分検討するとのコメントをもらっている。

その後、94年9月議会で、ハッチョウトンボが3年間確認できていないことについて質問しました。

 「朝日新聞」9月5日付によると、周辺にゴールドウィンのゴルフ場ができたハッチ
ョウトンボの生息地(小矢部市興法寺)で、この3年間生息が確認できていません。この
夏、現地を見た人によると、すでに池は干上がっていたそうです。

 ハッチョウトンボはきれいな湧き水の出る湿地にしか生息せず、環境庁は良好な環境の
指標昆虫に指定しています。県の天然記念物にも指定されています。

 ゴルフ場建設が議会に報告された88年12月議会で、私は「その生存条件は適切な湧
き水が必要であり、ゴールドウィンのゴルフ場計画は…地下水への影響が心配される」と
して、対策を質しました。市当局は「生態に影響を与えないよう指導」するとしてきまし
たが、どのような指導をしたのか、それが十分だったと考えているのか、お尋ねいたしま
す。

岩峰教育長
 明年度からの実態調査については、視点を変えて調査すると言う事をお約束いたします。

 因果関係については、絶対ないという確言は、私ども、できませんが、調査の方法によ
って、ハッチョウトンボの習性などを十分に熟知しながら、生息調査を進めて、来年には
ある程度の結論を出せるのではないかというふうに思っております。

 このように、数年間、生存が確認できなかったのですが、今年は生存が確認できたので、うれしい限りです。

 この自然をしっかり守り続けねばならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハッチョウトンボの生息を確認、7月22日、小矢部市内にて 砂田喜昭のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる