2008新年のつどいby共産党富山県委員会

1月9日の新年のつどいに参加した。
司会者は、小矢部市在住の上田俊彦富山地区委員長
画像

楽器演奏、千の風になって、埴生の宿など
画像

開会の挨拶は富山県委員長反保直樹氏
画像

県労連議長の挨拶
画像

衆院選比例候補の山口氏、佐伯氏の紹介、南砺市議選城端選挙区の中島満氏の紹介。
画像

富山県で初めての比例候補、佐伯めぐみさんの訴え。テレビカメラが終始、アップで写していた。
「一所懸命働いている人が報われない。働いている人自身が、働くものの権利を知らない。県知事に若者に権利を知らせるパンフを作って欲しいと訴えた。」27歳の青年が自分の言葉で思いを語る姿に、たいへん好感を持てた。
画像

衆院比例・北陸信越ブロック候補の山口典久氏。たいへんわかりやすい語り口であった。
画像

共産党後援会長の黒部信也さんの音頭で、ガンバロウを三唱。
画像

最後にひづめ弘子県議が閉会の挨拶。
画像

参院選後、県議会での変化が始まっていることを、リアルに紹介されました。

写真としては、フラッシュの光が弱く、余りよい写りにならなかった。画像処理ソフトで真っ暗な写真を修整したり、フラッシュをたかずに撮影したりしたため、写真の色合いがまちまちとなってしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック