切られたツバキの木

昨年カナダから帰ったら、庭に植えてあったツバキの木が切られていた。
前から庭にあったもので、父が退職後庭を造ったとき、それを移植して育てていたものである。移植の後遺症で大きな枝が半分枯れかかっていたが、30数年で元気を取り戻してきたものだった。
その切り株である。
画像

年輪を数えてみたら、52年前のものだった。
画像

年輪を数えやすくするために、写真を加工してある。

今フィルムからスキャナーで昔の画像を読み取っているところだが、ちょうど、父が退職後、庭を造ったときの写真が出てきた。
画像

父の後ろが虎石(石の筋目がトラの模様に似ていることから、そのように言われている)。父の前に雪吊りしてあるのがイチイの木だ。その向こうに杉の幹が見えるが、これはもうない。その左、雪吊りの向こうに見えるのが、ツバキである。このときの撮影が、1974年12月なので、ツバキを切られてから35年前だ。この写真のツバキは当時17年目だったことになる。

昨年3月に、二階の窓から撮したツバキの木と花。
http://06996341.at.webry.info/200903/article_2.html
たいへん元気に育っていたので、残念でならない。




白色、一重咲き、白芯、小輪 挿し木 三年生 【庭木】 【ツバキ】【椿】 白侘び助
園芸百貨店何でも揃うこぼんさい
高さ 約40センチ? 花時期: 2?3月 椿は日本固有の花木で、もともと日本の気候や土壌に適応した形

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

純白、千重咲き、大輪*外国ツバキ(椿)「ヌチオズ・ジェム」【9cmポット】庭木(10P10Jan25)
お庭本舗
【学 名】Camellia【科属名】ツバキ科ツバキ属【別 名】中国名は山茶【樹 高】1.5?3m【分

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック