「みんなの会小矢部」が火爪弘子県議の講演と懇談のつどいを開き、有意義で楽しい催しとなりました。

みんなの会小矢部は11月20日、総合会館で総会を開き、火爪弘子県議を講師に、「いま富山県はどこへ行く」と題して、記念講演と懇談のつどいを開きました。
画像

火爪県議は、石井県政が、
(1)産業政策でも輸出大企業支援で、県民の暮らしや中小企業、農業を軽視していること、
(2)TPP反対を言わず、原発をなくせとも言わず、総務省の幹部出身だけあって、地方自治体よりも国の官僚のトップそのものの考えで県政をすすめていること、
(3)教育、福祉、公務員の人員削減をどんどんやって、県の予算に占める福祉、教育の順位が全国43位になるなど、軒並み下がっているが、県の借金は1兆円を超えて増え続けているのは、新湊大橋のような無駄な公共事業にお金をつぎ込んでいるからだ、
(4)教育政策でも、大阪の橋下前知事と同じように、教育内容に知事として関与する仕組みをつくり、エリートの養成のみに力を入れていること
などを告発しました。
まとめて書くと、堅い話のようになりますが、話は大変わかりやすく、聞く人をどんどん引きつける、気っぷのよい語り口で、「火爪節」炸裂というところでしょうか。法事がなければ、ぜひ聞きに来たいと、Iさんが残念がっていましたが、その期待にこたえる内容でした。
画像

現場の教師から、子どもとかかわることで楽しく生きがいになっているが、臨時の先生ばかり増えることや、少人数学級の必要性、親とともに子どもの成長を喜び合えるような教育環境の重要性などが、リアルに語られ、県政を変えていくことが大事だと、みんなの認識になったのではないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック