白山スーパー林道をドライブ

お盆の休みを利用して、白山スーパー林道をドライブした。
一番標高の高い駐車場、三方石駐車場にて、見たことのない植物の花を見つけたので、写真を撮った。道中、たまに見かけたが、名前がわからない。この花の左上の方に、三角の峰が見えるが、この名前もわからない。標高1445メートルと表示してあった。
FB友から、「猪独活(シシウド)」の花と教えてもらいました。
画像

ふくべの大滝。落差86メートル、蛇谷随一の大滝ということだ。標高900メートル。
画像

姥(うば)ヶ滝。標高770メートル。ここへは、蛇谷園地駐車場で車を降りてから、下り15分、上り20分を歩いて行かねばならない。親谷の湯があると言うことだったが、実際には湯量が少なくて、露天風呂も足湯もやっていなかった。かなりきついコースだったが、家族連れが次々と降りてきていた。
画像

滝をバックに岩に腰掛けると、涼しい風が心地よかった。しぶきがちょっと背中にかかった。
画像

ここから50メートルほど上流へ歩くと、親谷の湯が、川底から吹き出ているところに出会った。湯気が白く立ち上っているのと、その左側の岩をバックにしたところに、お湯が噴き出して飛び散ったしぶきがかすかに見えます。触ってはみなかったが、90度で火傷に注意と表示してあった。
画像

陸地には噴泉塔があったが、これは温泉が噴き出ているところを鮮明に写真に収めることはできなかった。よく注意してみると、上にある丸太の柵にしぶきが見えます。真ん中の飛んで出ている塔から湯気と温泉が吹き上がっていました。緑色の苔のようなものも生えていた。
画像


このあと、中宮温泉で温泉に浸かってから、帰った。白山開山の泰澄大師開湯の伝説を有する温泉で、天正2年(1574年)に初めて湯室を設けた歴史ある温泉だそうで、なかなかよい感じだった。



《アートフォトフレーム》雪が来た谷間/白山スーパー林道〔白山・木村芳文〕
風景専門店のあゆわら

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 《アートフォトフレーム》雪が来た谷間/白山スーパー林道〔白山・木村芳文〕 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

《アートフォトフレーム》ふくべの大滝1/白山スーパー林道〔白山・木村芳文〕
風景専門店のあゆわら

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 《アートフォトフレーム》ふくべの大滝1/白山スーパー林道〔白山・木村芳文〕 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック