獅子頭モミジの接ぎ木

獅子頭モミジの接ぎ木を試みた
これまでのはうまくいかなかったので、本に書いてあるとおりやってみることにした。
まず、左の台木に右の穂木をとってきた。穂木は昨年伸びた枝。
画像

カッターナイフの刃を新しいものと取り替えて、台木に切れ目を入れ、穂木の元をくさび形に削り、台木の切れ目に刺した。
台木と穂木の形成層という緑の部分をあわせるようにした。
画像

台木の下の方から、接ぎ木テープできつく巻き上げた。
画像

穂木の上の切り口に腐り止めの傷口融合剤を塗った。
画像

穂木の葉が多いので、2枚残して、切り取った。
それから水分の蒸発を抑制するために、ビニール袋をかけた。アルミ線で柵を作りそのうえに袋をかけた。
台木の鉢を覆わないように袋をかけた。何年か前に、台木の鉢を袋で覆ったら、穂木にカビが生えて、枯れてしまったことがあった。これも、本に書いてあるとおりやってみた。
画像

うまくなることを願い、植木台の下の反日陰においた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 獅子頭モミジの接ぎ木、その後

    Excerpt: かなり順調です。 4月21日に接いだものは、葉がいまも元気です。袋をかぶせたまま、撮影。 Weblog: 砂田喜昭のブログ racked: 2016-05-08 08:34