痩せたイチョウの鉢植えだが、年数は経っている

種から蒔いたイチョウの鉢植え。
画像

痩せた細い幹だが、年数は経っている。
毎年芽が伸びず、同じところに毎年目を付け続けたので、18年程度生きてきたのではないか。
画像

年輪のように数えてみると、18ほどの輪が読める。
これは鉢植えのいちばん左の小さいイチョウで、他のものはまだ年数を経ているはずだ。
肥料が足りなかったためだろうが、肥料を与えた年には、芽が大きく伸びていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック