テーマ:農業

コンクリート製畦の隙間を埋める作業をした

10数年前につくった畦の目地が融けて水漏れがしたので、手直しをした。 直す前の様子。 スコッパで土をほりあげる。 土を除けた様子。 少し乾かしてから、ワイヤーブラッシで土などの汚れを取る。 「プチプライマー」という商品名のノリのようなものを刷毛でコンクリートに塗る。 「プチテープ」というゴムのテープをそこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日、コシヒカリの種まきの予定、準備整う。

明日、種まきの予定。 307枚の苗箱にまく予定。 この播種機は中古を二人仲間で購入したもの。 向こう側に苗箱を入れる人、左側の台のうえで、土を補充する人、手前側でモミをまいた苗箱を受け取り、積み上げる人と、少なくとも3人が必要。 調整さえすめば、2時間もかからないだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本タンポポのつぼみが開き始めました

種まきが終わり、ほっとしたところ、日本タンポポのつぼみも開き始めました。 播種機が故障し、クボタに依頼して、ローラーを交換してもらいました。 苗箱に床土を入れるベルトがまわらず、床土が落ちなくなったのです。 税金の申告時の記録を見ると、2005年にも、同じところが故障していました。このときは、動力を伝える部品とベルトを回すパイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPって何?学習と交流のつどいを小矢部市で開いた

 3月17日、TPPって何?学習と交流のつどいを小矢部市で開きました。石動コミュニティーセンタです。  参加者は各界から、45名ほどありました。赤字部分、数字を訂正。 開会あいさつは農民連小矢部班の辻慶輝さん。このつどいを呼びかけた一人です。  基調報告は、農政ジャーナリストの松澤厚さん、元日本農業新聞客員論説委員です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代米でつくったおにぎりを、道の駅メルヘンおやべで試食してきました

道の駅メルヘンおやべへ小矢部市中学生ミュージアムを取材に行ったら、古代米でつくったおにぎりをごちそうになりました。大変おいしかったです。クリも入っていました。この古代米は、小矢部市経田地区の営農組合が栽培、収穫したものです。 普通のコメと混ぜてありますが、コメがつやつやと輝いているのもわかります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炊きたての海藻で育てた特別栽培米のミルキークィーンを味わったが、つやつやしておいしい

今日のお昼に、炊きたてのミルキークィーン・海藻で育てた特別栽培米を食べてみた。 明日は、我が家の新米のコシヒカリを炊いてみるので、味を覚えておいて、明日と比べてみられ、と妻が言う。 つるつるした感じで、とにかくおいしい。 黒いお椀は、木製で黒漆を塗ったもの。家に伝わっていたものを使っている。 見た目にも、つやつやしておい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小矢部市の北陸高速道路、小矢部パーキングエリアで、海藻で育てたコメ、ミルキークィーンを購入

まだ、食べていないが、評判のコメを見つけて購入した。 3合で380円。 聞くところによると、アンテナショップとして富山空港でも販売し、富山のコメを大いにアピールするはずだったのが、どこかの横やりでダメになったと聞いて、応援したいと思い、購入した。 今日は、寿永荘の運営委員会の後、富山で県当局との交渉があって、昼飯をそこで食べた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「異常な契約 TPPの仮面を剥ぐ」ニュージーランドから見たTPP、昨年10月現地出版を読む

表題の本は、2011年6月に農文教から出版された。県立図書館所有の本を借りた。  分厚い本で、まだ読み始めたばかりだが、ひとつわかったことがある。 アメリカがTPP交渉でオーストラリアから砂糖を除外したといわれているが、その仕組みがわかった。 すでに結んでいるFTAで除外されているものは、そのまま再交渉しないというルールをアメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠井亮衆院議員も参加してトークショーIn富山県小矢部市興法寺

今年で4回目のトークショーが8月15日、小矢部市興法寺の南部公民館で開かれた。 日本共産党の笠井亮衆院議員の他に、馳浩自民党衆院議員、山田俊男自民党参院議員、柴田巧みんなの党参院議員が参加したトークショーだ。野党3党の国会議員が一堂に会するつどいは、全国でも珍しいだろう。笠井さん、馳さんが興法寺にゆかりの人だったことからスタートしたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOPANで米パンを焼いた

白米から、パンを焼く機械があると聞いて、インターネットで購入した。 なかなかの評判で、予約しないと無理、と聞いていたが、さすが、インターネット。 在庫ありの店があったので、代引きで注文したら、翌日届いた。それが26日である。 さっそく使ってみた。 材料の重さを量るのに、少し手間がかかったが、白米を入れておくと、ひとりでにパン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

42年前の田植え機

今から42年前の春、我が家では、近所に先駆けて、手押し式の田植機を導入した。1968年の春で、私20歳で、そのころは農業をほとんど手伝っていなかったので、このことはよく覚えていないが、戸出の農機具屋から購入して、母が使っていたと言うことだ。 これを押しているのは、多分、その農機具屋さんではないだろうか。場所は南側の納屋の横の田んぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダ旅行(22)、大豆の刈り取りに出会った

10月11日、Creemoreクリーモアを出て、Lake Huronレイク・ヒューロンへ向かう途中、ある農場のマーケットへ立ち寄った。Fernwood Farms Marketという。午後1時13分。 サンクスギビングデーが近いせいか、ハロウィンが近いせいか、カボチャがたくさん並べてあった。 牧草の干し草でトラクターをつくってあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堆肥を使った土作りを視察、新潟県長岡市

市議会産業建設常任委員会で新潟県新発田市の視察をしました。 その内容は私のHPに掲載しましたが、写真をここに掲載します。 その記事は次のページを参照してください。 http://www2u.biglobe.ne.jp/~sunata/shisei/2008/20081102_sisatu.html 生ゴミを回収するバケツです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

籾摺り開始

9月25日、籾摺りを開始した。 昨年は転作大豆をすべての田で作付けとなったので、稲作はしなかったので、2年ぶりの籾摺りである。 2年前、Vベルトの交換が必要と判断していたので、今日取り替えた。選別機を回転させるVベルトは、ネズミに食いちぎられていた。モーターから動力を伝えるB-90のVベルトがヤンマーの販売店になく、注文した。ついで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党主催農業シンポジウムに180名

~地域農業と食を考える~ 食料自給率向上へいまこそ国民的共同を  シンポジュウム:~地域農業と食を考える~「食料自給率向上へいまこそ国民的共同を」が8月30日、日本共産党富山県委員会の主催で行なわれ、全県から約180名が参加しました。富山県農業の行く末や農産物の価格決定のあり方など、活発な意見交換がありました。  パネリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山県農民連の大会に参加

2月10日に開かれた富山県農民連の第20回大会に参加した。この内容については、もう1人の参加者からの感想を、私のHPに掲載する予定。ここでは写真を掲載します。 http://www2u.biglobe.ne.jp/~sunata/shisei/2008/20080217_agri.html 会場は、砺波市の越中庄川荘。庄川と山に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンポジウム「地域農業の継続と食の安全・安心を考える」in砺波市

2007/11/03、砺波市体育館会議室で、シンポジウム「地域農業の継続と食の安全・安心を考える」が開かれ、私も参加しました。 内容はいずれ紹介できると思いますが、とりあえずその時の写真を掲載します。 その時の内容は次のページへ。 http://www2u.biglobe.ne.jp/~sunata/shisei/2007/200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more