テーマ:共産党

「現代チベットの歩み」を読み終えた

チベット問題がマスコミで報道され、インターネットでチベットとアメリカ中央情報局(CIA)との関係を示す記事があったことから、私は関心を持つようになった。それは「現役雑誌記者によるブログ」の3月18日付の記事である。 http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50586178.html …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「トヨタの闇」を読んだ

「利益2兆円の犠牲になる人々」とのサブタイトルのある本で、ビジネス社から出版された本だ。著者は渡邉正裕、林 克明の両氏。独立系のインターネット新聞MyNewsJapanで連載されたものをまとめたもので、出版社探しに苦労されたようだ。トヨタからの莫大な広告料がばらまかれていて、引き受け手がなかなか見つからなかったそうだ。 マスコミの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池晃参院議員が富山市で演説

2月22日、小池晃参院議員が富山市の県民会館で演説しました。 イージス艦の漁船衝突事件に触れて、自衛隊の艦長が船舶航海士の免許を持っていないということを、初めて知った。海の男のモラルすらないわけもわかるような気がする。全員もう一度免許を取り直させるべきでないか。教員免許に10年の更新制度を導入したくらいだから、自衛官にも徹底すべきだ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「日本国憲法第9条成立の思想的淵源の研究」

あるメールに紹介されていて、興味を持ったので早速購入した。 著者の河上暁弘氏は富山市の出身で、1972年生まれだそうで、若い研究者である。 416ページもある分厚い本で、「はじめに」と「目次」「結語」に目を通した程度であるが、紹介のためにここに掲載する。  副題に「『戦争非合法化』論と日本国憲法の平和主義」とある。出版は専修大…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

県政・市政報告会in富山県呉西地区

日本共産党呉西地区委員会は1月28日、党と後援会を対象に表題の学習会を開きました。 講師は、ひづめ弘子県議、私、金平、南部両高岡市議、津本射水市議。 まず私が小矢部市での水道料金値下げ運動と地方政治新聞の役割などについて報告。10分間でぴたりと報告を終えました。 参加者のなかに、私の父が生前お世話になった方も居られ、チョッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008新年のつどいby共産党富山県委員会

1月9日の新年のつどいに参加した。 司会者は、小矢部市在住の上田俊彦富山地区委員長 楽器演奏、千の風になって、埴生の宿など 開会の挨拶は富山県委員長反保直樹氏 県労連議長の挨拶 衆院選比例候補の山口氏、佐伯氏の紹介、南砺市議選城端選挙区の中島満氏の紹介。 富山県で初めての比例候補、佐伯めぐみさんの訴え。テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more