テーマ:二宮金次郎

「二宮金次郎の一生」を読む

Oさんが「これを読んでみられ」と貸してもらった本である。余り他人から薦められた本は、読まない質だが、これには引き込まれた。 この本の表紙は、Oさんが「汚れたので、自分で書いた」とおっしゃっていた。インターネットで調べると、二宮金次郎の絵が描いてある表紙だったようだ。 昔子どもの時分に、小学校に二宮金次郎の銅像があった。よく働き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more