テーマ:平和

孫崎享氏の「21世紀の戦争と平和」に感動

著者は外務省や防衛大学の教官を務めた人で、読んでいても説得力がある。 核の抑止力の分析に、なるほどと思った。 政治家の失脚に米国の産軍共同体の影響があるかどうかはわからないが、アメリカの影響を日本がどのように受けてきて集団的自衛権の行使に踏み切ったのかというところは説得力がある。 平和の共同体としてASEANの取り組みを歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣伝カーに照明をつけ、秘密保護法案反対で街頭宣伝

夜が早く暗くなります。そこで、宣伝カーに照明をつけ、宣伝をしています。 自民党の石破幹事長がデモをテロだと口走ったことに抗議し、秘密保護法案廃止を訴えました。 宣伝した場所の横の家の人が、車で帰ってきて、「寒いのにご苦労さん」と声をかけていただきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米軍資料に見る富山大空襲の本「ルメイ・最後の空襲」を積読から既読にした

この本は1997年初版で桂書房から発行され、その頃購入したものだが、長く、積読だった。 読んでみようと思ったのは、アレン・ネルソン「9条を抱きしめて」のDVD上映会をして、2度見たからだ。 アレン・ネルソンはベトナム戦争に従軍し、ベトナム人は「人ではない、心も考えもない、動物だ」と思いこまされていたと語っていた。何とかという単語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原水爆禁止国民平和大行進、今月15日に小矢部市から石川県へ、倶梨伽羅にて

6月14日、小矢部市へ入った国民平和大行進、15日に倶利伽羅峠で石川県へ引き継ぎました。 小矢部市役所を出発 倶利伽羅で富山県行進団を迎える石川県行進団の皆さん 引き継ぎ 新日本婦人の会も引き継ぎ 石川県行進団が出発
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「誰がために鐘は鳴る」を読んだ、不破さんの「スターリン秘史」をきっかけに

余り小説を読まないのだが、夢中になって「誰がために鐘は鳴る」を読み終えた。 不破さんが雑誌「前衛」で「スターリン秘史」を連載されるとの記事を、新年早々の「しんぶん赤旗」で読んだからだ。スペイン内戦を扱った「誰がために鐘が鳴る」(ヘミングウェイ)にスターリンの非道な干渉があったことが描かれているとあったからだ。 小説の名前は知って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島平和祈念式典に、小矢部市が中学生を8名派遣。平和教育の一環として今年2回目。

8月5日朝、石動駅前で、小矢部市が中学生を広島平和祈念式典へ派遣する出発式が行われました。 桜井市長は、小矢部市が平和市長会議に加わり、昨年から広島平和祈念式典へ中学生を派遣することにしたことの趣旨を、あいさつで語りました。 市内4中学から2名ずつ派遣します。今年は蟹谷中学の校長が激励のあいさつをしました。 このあと市長から代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の中、2012原水爆禁止国民平和大行進に参加、倶利伽羅で石川県へ引き継ぎました

出発集会は朝9時30分から。 雨の中、市役所玄関のひさしの下で始まりました。 地元から、ということで私が激励のあいさつ  あいさつの中で小矢部市長、副市長を先頭に140名を超える職員が署名を行進団に寄せてくれたことなどを紹介しました。  核発電、核兵器と同じ核エネルギーを使って発電する原発の再稼働についても触れ、昨日東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤塾塾長の伊藤真さんの憲法講演を聴いて新しい発見がいくつかあった

5月2日に「日本国憲法を守る富山の会」が開いた講演会に参加して、いくつかの新しい発見があったので、ここに記録する。 マスコミに流されて事実を誤認していないか。 凶悪犯罪が増えているのか。犯罪による死者数996人は2010年のデータ、1975年は3056人、1950年が3532人。 ここから伊藤氏は、「安全な社会になってきたかも知れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本平和大会に参加した妻の撮影した写真

11月25日から27日、沖縄で開かれた日本平和大会に妻が参加してきた。 その記事は次のページに。 http://www2u.biglobe.ne.jp/~sunata/shisei/2011/20111211_okinawa.html 平和大会は太鼓でオープニング 開会式で議長団に新婦人会長の笠井さん、来賓席に笠井衆院議員左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本がアジア・太平洋戦争を始めた日に、石動駅前で「赤紙」配り

12月8日の午後5時より、富山県母親大会連絡会が呼びかけた「赤紙」配りを、石動駅前で行いました。呼びかけに答えたのは新日本婦人の会、高教組、小矢部平和委員会です。 小雨で寒い夕方でした。高校生との対話がおもしろかったです。  女子高生A これ何のビラですか。  新婦人会員A 今日、太平洋戦争が始まった日で、当時の召集令状「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPと安全保障、ポール・ブキャナン氏が諜報、武器拡散、犯罪組織の活動活発化を警告

 「異常な契約 TPPの仮面を剥ぐ」の第5章を執筆したのが、ポール・ブキャナン氏。聞いたことのある名前だと思ったら、米国の安全保障のコンサルタントをしたことのある人物だ。  TPPが中国に対抗するものであることを明記してあった。外交政策者の頭の中にはやはりこれがあるのだろう。  TPP拡大後の問題として、貿易、人の自由化が進むと、麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人間と環境への低レベル放射能の脅威」を読んだ

 先月28日に購入した「人間と環境への低レベル放射能の脅威」を今日、一通り目を通した。というのは、なかなか専門的で、良く理解できたということからはほど遠いからだ。  原発、核実験の放射能汚染を徹底検証した世界的労作の初邦訳とうたわれている。翻訳したのは原爆被爆した医師で、民医連創立に参加した肥田舜太郎先生と竹野内真理氏。  素人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「武器を捨てよ」(下)に、今日の軍拡競争を煽る動きへの強い批判をみた

山形県の鶴岡朝暘第一小学校を視察して、図書館を活用した読書指導に感動したが、それをまねて、感動文を綴ろうと思ってみた。感動したところに、付箋を挟んで、何に感動したか、書き出してみた。 http://www2u.biglobe.ne.jp/~sunata/shisei/2011/20110724_liblaly.html その写真が次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島平和祈念式典へ中学生派遣、今日は出発式

8月5日朝7時50分より、石動駅前で広島平和祈念式典へ今年から中学生を派遣することになり、その出発式が行われた。 桜井市長は、昨年平和市長会議に加盟し、今年第1回の中学生派遣をすることにした、と激励した。 大谷中学校の校長は、平和を伝えるメッセンジャーとしての役割を期待すると、激励した。 市長から激励金を受け取る生徒代表。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「平和のエネルギー トリウム原子力」亀井敬史著 雅粒社刊を読んだ

 全部で86ページの薄い本だが、トリウムを燃料とする原子炉について、世界が今研究していること、ところが日本政府は見向きもしていないこと、アメリカも半世紀前に研究していたが、トリウムでは原爆を製造できないことから開発を中断したことなど、興味深い情報が載っていた。  著者が朝日新聞に書いたことがきっかけで、「時の法令」に1年間コラムを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011国民平和大行進、小矢部を出て倶利伽羅で石川県へ引き継ぎました

 昨日福岡から小矢部市役所へ到着した原水爆禁止国民平和大行進は、今日18日、9時30分に小矢部市役所前で出発集会を開きました。  私は地元を代表してあいさつ。小矢部市が非核宣言自治体協議会へ加盟することになったことを紹介し、これまでの運動が少しずつ自治体の変化を作り出していること。東電の福島原発の事故を受けて、6月議会で志賀原発の風下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原水爆禁止国民平和大行進、今年も富山県小矢部市から石川県へ

6月19日土曜日、天気予報では雨でしたが、一滴も降らず、曇りでした。昨日の行進団のみなさんは福岡町から小矢部市役所まで、雨の中たいへんだったそうです。 土曜日でしたので、たくさんの参加者が市役所前に集まりました。 地元から歓迎と激励のあいさつをしました。草の根のこうした運動が、国連で高く評価され、世界を動かしていることを強調しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説 鶴彬 暁を抱いて を読んだ

昨日7月12日、小矢部市で「映画 鶴彬 こころの軌跡」の試写会があった。 9月5日(土)に小矢部市総合会館で上映会を開くことになって、映画そのものを観てもらって、本上映に人を誘ってもらおうという趣向である。 上映時間 9月5日(土)午前11時、午後2時、午後7時の三回上映。 場所 小矢部市総合会館大ホール 入場料 1000円。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長沼事件 平賀書簡 35年目の証言 自衛隊違憲判決と司法の危機

長いタイトルとなったが、日本評論社が出版した本を小矢部市民図書館でリクエストしたら、富山県立図書館から取り寄せてくれた。資料編を除いて、読んでみたが、大事な内容がたくさんあったので、手元に置きたいと思い、自分でも購入することにして、注文した。 長沼事件で違憲判決を出した福島重雄裁判長が富山県出身で、イラク特措法が違憲だと判決した名古屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年国民平和大行進、小矢部市役所を出発

オバマ大統領のプラハでの演説が、核兵器廃絶への希望をふくらませる中、今年も原水爆禁止国民平和大行進が続けられています。 6月13日、小矢部市役所を出発し、石川県へ引き継がれました。 私は、出発集会で挨拶しました。 集会に集まった人たち 新日本婦人の会代表の広瀬妙子氏が挨拶。 通し行進者の栖原氏が挨拶。核兵器廃絶プラス自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年原水爆禁止国民平和大行進、石川県へ引き継ぎ

2008年6月14日、50周年を迎えた原水爆禁止国民平和大行進が小矢部市から石川県に、倶利伽羅の天田峠で引き継がれました。 午前9時30分から小矢部市役所前で出発集会が開かれ、私が地元を代表して激励の挨拶をしました。北朝鮮の核問題をはじめとする諸問題を、6カ国協議という話し合いによって解決に向かっていることを紹介し、アメリカによるイラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法をまもる小矢部の会、音楽と講演のつどい

6月17日、憲法をまもる小矢部の会結成1周年に合わせて、小矢部市総合会館で音楽と講演のつどいを開きました。当日は市内でいろんな行事と重なって、参加者は期待したほど多くありませんでしたが、内容の濃い集会となりました。 司会の美谷さん 開会の挨拶、渋谷正三さん ペダルスチールギターで演奏する千田佳生(せんだよしお)さん、小矢部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2007年原水爆禁止国民平和大行進が小矢部市から石川県へ

6月16日、小矢部市役所で出発集会。石川県へ向け、富山県内最後の行進。 この集会で地元を代表して私が挨拶しました。 「国民平和大行進は今年で50回目。『50回も続けていても、核兵器が無くならないではないか』との疑問を持つ人も少なくありません。しかし、この草の根の力、世論が、この地球上で、ヒロシマ・ナガサキ以後、戦争で核兵器を使わ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

9条平和小杉の会に参加

5月13日、射水市小杉文化ホールで、9条平和小杉の会の結成のつどいがあり、参加しました。 タイトルは「自分たちの手で・・・愛と平和と9条と」です。発起人代表の中本昌年さんの挨拶で始まりました。 中本さんは挨拶の中で「この運動が大勢の人たちの参加で、肥えていく運動にしたい」とおっしゃったことに共鳴しました。 続いて、発起人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more