テーマ:政治

赤松小三郎ともう一つの明治維新を読んだ

 「赤松小三郎ともう一つの明治維新」で、彼が幕末(1867年5月)に主権在民を提唱していたことを知った。坂本龍馬は有名だが、彼の「船中八策」(1867年6月?)には現存する資料の裏付けがないという。  赤松は、公武合体を提唱したが、6人の実務者による内閣と、普通選挙による二院制の議政局をつくるとした。この議政局の権限がすごい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫崎享氏の「21世紀の戦争と平和」に感動

著者は外務省や防衛大学の教官を務めた人で、読んでいても説得力がある。 核の抑止力の分析に、なるほどと思った。 政治家の失脚に米国の産軍共同体の影響があるかどうかはわからないが、アメリカの影響を日本がどのように受けてきて集団的自衛権の行使に踏み切ったのかというところは説得力がある。 平和の共同体としてASEANの取り組みを歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった」山田正彦著を読む

株式会社サイゾー・刊の本を小矢部市民図書館で購入してもらった。 表紙にあるように、政府に国民は騙されている。TPPテキスト分析チームが分析したTPP協定6000ページの内容からわかった衝撃の真実です。読み始めると、引き込まれるように読み進んだ。わかりやすい。具体的に状況が見て取れる。 大勢の人に是非とも読んで欲しい本だ。 著者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本会議の研究、扶桑社新書212を読んで驚いた。

これはぜひ多くの人に読んでもらいたい。  日本会議に関する報道が、最近、新聞、テレビで見るようになったが、私は『日本会議の研究』という扶桑社新書212を友人に貸してもらって読んだ。あまりマスコミ等で報道されていないことが、この本には書いてある。しかも、具体的な資料を付けてあり、説得力があった。  著者は菅野完氏、5月1日に発行さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党主催農業シンポジウムに180名

~地域農業と食を考える~ 食料自給率向上へいまこそ国民的共同を  シンポジュウム:~地域農業と食を考える~「食料自給率向上へいまこそ国民的共同を」が8月30日、日本共産党富山県委員会の主催で行なわれ、全県から約180名が参加しました。富山県農業の行く末や農産物の価格決定のあり方など、活発な意見交換がありました。  パネリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠井あきら、馳浩ふるさとトークショーin興法寺 2008

小矢部市興法寺地区にゆかりの二人の代議士のトークショーが2008年8月15日、お盆の日の4時30分から6時10分まで、市立南部公民館で、100名以上の参加で開かれました。主催は興法寺地区。 笠井あきらさんは、日本共産党の衆院議員(比例代表・東京)で、奥さんが興法寺出身の方です。 馳ひろしさんは、自民党の衆院議員で(小選挙区・石川)で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

医療生協が後期高齢者医療制度について学習会in小矢部

2月23日、小矢部市総合会館で後期高齢者医療制度の学習会が開かれました。 まず、血圧測定、骨密度測定があり、私はまあまあの成績でした。骨密度は同世代平均並みということ。 その後、腰痛予防の話しがありました。理学療法士の方が講師です。 その後、医療生協の足立事務次長から後期高齢者医療制度の話しがありました。 参加者から、4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more