テーマ:モミジ

アシナガバチがモミジの葉を、何している

アシナガバチがモミジの葉の上で、何しているのか、かじっているのか、 昨年、モミジの剪定をして蜂に刺されたことがあった。そこにアシナガバチの巣があったのに気付かなかったためだ。 夏休みのラジオ電話相談で、蜂の巣は紙と同じで植物繊維を固めたものだと聞いたので、 モミジの葉をかじっているのかと思ったりした。 次は別の蜂だが、苗床の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獅子頭もみじの太い枝に、取り木挑戦

昨年取り木したものが枯れてしまった。 http://06996341.at.webry.info/201705/article_4.html 写真に見るとおり、立派な根が出ていたのに、枯れてしまった。 いろいろと原因を考えてみたが、取り木した獅子頭もみじを鉢植えに移植するとき、 枝が多いと、根が負けるかと思い、太い枝の上の部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り木した獅子頭モミジが枯れてしまった

ビニール袋をかぶせていたので、葉が一枚の半分緑色だったが、枝が枯れていた。 これで諦めて、根の様子を見た 根が伸びていたのに、どうして枯れたのか。 取り木の際のミズゴケを外さなかったので腐りが来たのか。 立派な根だったので、少し根を切り詰めて、また鉢に戻してみた。 多分生きかえらないだろうが。 4月の中頃までは元…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

菩提樹の芽がようやく動き出した

今年久しぶりに菩提樹の鉢を植え替えた。 芽が少し膨らんできたが、なかなかこれ以上すすまない。5月4日根を切りすぎたのかと心配していたら。 5月7日、ようやく芽が動き出した。これで大丈夫だろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨年取り木した獅子頭もみじが元気がない

昨年10月16日に、母樹から切り離した獅子頭もみじ。 今年4月16日までは元気に芽を出していた。 ところが、5月3日になって元気がないことに気付いた。歯の裏にだにがついていたので、手でだにを潰したが、葉が少し黄色くなり始める。 そこで葉と根のバランスが悪いのかと思い、鉢全体をビニールで覆って、葉からの蒸散を抑える対策をとっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モミジの芽だし、次々と

舞孔雀モミジ、赤いのはモミジの花 日笠山モミジ、別名鷹の爪ともいう。芽出しの形がその由来。 赤獅子頭もみじ 獅子頭もみじ、花が咲き始めている。 限り錦モミジ 富士ブナ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党中央委員会より本日、50年党員証届けられた

それがこれである。 入党したのは1966年3月、高校の卒業式を終えてまもなくだった。 職業高校だったので、日本史の時間に「どうせ大学へ行かないのだから」と、明治維新から授業が始まった。 そんな先生の影響もあって、向坂の「資本論読本」を読んだりしていた。 あるとき、高岡駅前でビラを受け取り、それに無料で「アカハタ」見本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジの接ぎ木、その後

ほとんどが失敗。 4月に接いだ日笠山もみじ、ビニール袋をかぶせてあったので、葉は健在だったが、枝が黒く枯れて失敗。 形成層がうまくつながっていなかったのか。 少し希望を持っているのが、5月6日に接いだ獅子頭モミジ。 葉も健在だったが、枝も緑色。写真では葉の陰で枝は見えないが、生きているようだ。 今日、6月11日にか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獅子頭モミジの挿し木、6日に実施したもの

挿し木で増やしたのは、唐カエデしかないが、獅子頭モミジで試してみた。 というのは、取り木に失敗した太い枝にいっぱい葉が付いていたから、勿体ないと思ったので。 挿し木して、ビニールをかぶせて葉から水分の蒸発を押えるようにした。 その2日後の様子。ビニールを外したところ。素焼き鉢のため、用土が少し乾き気味。 水をかけたあと、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤獅子頭の取り木に挑戦

昨年行った獅子頭モミジの取り木は失敗。 昨日、改めて取り木を行った。 今日は、インターネットで実演動画をみて赤獅子頭モミジの取り木に挑戦した。 砥石で研いだ切り出しナイフを使って、芯まで皮をむき、 ポット苗の入れ物を4分の1ほど切り取り、枝に巻き付けて、ホッチキスで留めた。 その中へミズゴケを細かくしたものと、赤玉土を入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獅子頭モミジの接ぎ木、その後

かなり順調です。 4月21日に接いだものは、葉がいまも元気です。袋をかぶせたまま、撮影。 これは次のページで行った接ぎ木のものです。 http://06996341.at.webry.info/201604/article_1.html これ以前に接いだものも、元気です。多分4月のはじめ頃だったと思うが、記録しなかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年ほど前に接ぎ木で成功した唯一の例、日笠山モミジ

切り接ぎではこれまで成功したのは1回しかない。 20年ほど前に接ぎ木したものが、現在、元気に育っている。 根元に接いだときの傷跡が見える。 このモミジは、近所に大きな古木があって、カミキリムシにやられて、枯れ始めていたので、接ぎ木をしたいと、少し枝を分けてもらったものだ。 一つの芽だけが活着し、育ったものだ。 このあたりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獅子頭モミジの接ぎ木

獅子頭モミジの接ぎ木を試みた これまでのはうまくいかなかったので、本に書いてあるとおりやってみることにした。 まず、左の台木に右の穂木をとってきた。穂木は昨年伸びた枝。 カッターナイフの刃を新しいものと取り替えて、台木に切れ目を入れ、穂木の元をくさび形に削り、台木の切れ目に刺した。 台木と穂木の形成層という緑の部分をあわせる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

獅子頭モミジの寄せ接ぎと取り木

11月15日に寄せ接ぎの様子を見たが、ぽろっと穗木の方が落ちてしまった。 巻いていたテープをほどいて、付き具合を見ようとしたのが失敗の元。テープを巻いたままにして来年を待つべきだった。 真ん中の切り口の痕に、斜めに白いところが見えるが、ここで辛うじてつながっていたのだ。残念。 同じく、取り木の様子。 白い根が1本見え…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

獅子頭モミジの寄せ接ぎと取り木をした

植えてから40年前後の獅子頭モミジに寄せ接ぎと取り木をした。 寄せ接ぎはヤマモミジの鉢を獅子頭にくくりつけて、獅子頭の枝とヤマモミジの幹を少し削り、くっつけて縛ったもので、二つの木がくっついたら切り離す予定。 水を切らさないようにしてくっつくのを待ちます。11月か、来春には切り離せるだろうと思います。余り慌てるとせっかくくっつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマモミジの散髪、シイタケのような形になりました

太い幹を切って、芽を吹かせたモミジをバリカンで散髪したら、シイタケのようになりました。 奥に見えるのは、同じような措置をした野村楓です。 その野村楓を写しました。 これらの手術後の写真は次のページです。2011年8月12日のものです。 http://06996341.at.webry.info/201108/arti…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジの大手術

家の前にあったヤマモミジと野村楓は、田んぼをするのに邪魔になってきた。ホースで農薬を撒くとき、モミジの上を、ホースを空高く吹き上げて、またがないといけないからだ。 2007年10月に、納屋を修理した際に写した写真。上から撮したので、高さはあまりよくわからないが、3メートルくらいはある。 右がヤマモミジで、左が野村楓。その向こうに見え…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

太いモミジの鉢植えの植え替え

 大鉢に植えたモミジの植え替えを決意し、昨日から作業に取りかかった。根が、鉢の底から伸びて、土中深く根をはっていた。  前回植え替えたのは、娘が大学へ入った年に購入した大鉢なので、20年はたっている。  そのモミジは、地植えだったものを鉢植え用に加工したものだった。幹の太いモミジを、幹から芽が出ている地際で切断し、その断面に綿を載せ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

直井昭楽園でモミジを購入

 今日6月4日、朝近くの排水の草刈りをして、すぐに岐阜県高山市へドライブした。  目的は、直井昭楽園だ。  近くのお寺の住職が、そこで珍しい植木、盆栽を入手してきた、一度いってみたらと、声がかかっていたからだ。  高速道路で1時間半もかからなかった。  いろいろと見て回って、感じたことがいくつかあった。  驚いたのは、国風盆栽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジを接ぎ木してみた

 これまでモミジの繁殖については、寄せ接ぎを主にしていたが、親木の枝の位置によってはなかなか難しい場合もあった。そこで、接ぎ木に挑戦してみた。5月15日のことである。誤って左手の指に切り傷をつくってしまった。  うまく接ぎ木が成功するとよいが、18日現在、穂木の葉はしおれることなく開いている。 まずは置霜。  親木をビニールの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

地エビネ、石楠花が開花、舞孔雀と、鳩が巣ごもり

特にこれらに関係はないが、強いていえば5月5日に写真に撮ったということか。 まず、地エビネ。イチイの木の下で花が満開です。 その花のひとつをアップで撮影。風で揺られており、ちょっとピンぼけ気味。 葉に抱かれた赤ちゃんのような感じの地エビネの花 その花の萼(がく)の部分、先の写真の反対から写したもの。 石楠花も花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高岡の御車祭でモミジ購入

高岡の御車祭の楽しみのひとつは、変わった品種のモミジを手に入れることができることだ。 新潟の業者が売りに来ていた。 まず、赤の七五三 その葉のアップ 赤獅子頭 その葉のアップ これらは皆、接ぎ木されたものでした。普通の獅子頭も、2,30年前にここで購入したものです。 次は嵐山で採取したというヤマモミジで、七…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジの寄せ接ぎ

モミジの寄せ接ぎには、今頃が最適とのことで、昨日6月24日、行った。秋には親木から切り離せると思う。 琴の糸という名前で売っていたモミジを鉢植えで育てているが、それを寄せ接ぎした。 次が獅子頭。これは何回か寄せ接ぎしたことがあるが、その1本をある方に譲ったら、冬、雪の重みで接いだところがはがれてしまったことがあった。もう1本は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都、紅葉の旅

私は行かなかったのですが、妻が友人と11月20日、京都へ行ってきました。その時の写真です。冬になって掲載するというもどうかと思いましたが、一つの記録として残しておきます。 高山寺 どこかは聞いていないのですが、モミジと川原。 西明寺 灯籠にコケ キレイな紅葉二題
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジの黄葉

風邪気味で、写真の掲載が遅れましたが、11月30日16時20分頃、夕日にてらされて我が家の大モミジの黄葉がキレイでしたので、撮影しました。 12月3日、雨風で落ち葉が舞い上がり、玄関の踏み台の周りに集まってきました。つむじ風のような風だったそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松のミドリ摘み

剪定した後、松ヤニがでて、太陽の光が反射している様子を撮りたかったのですが、充分写せませんでした。 RAWファイルを加工してみましたが、荒れてしまいました。 モミジの葉、限り錦
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more