カナダ旅行(21)、クリーモアで地ビール工場

10月11日、ベリーを出て、クリーモア(Creemore Springs)で地ビール工場を訪ねた。
その道中で、貨物列車が踏切を通過するのに出会った。コンテナを2段重ねにしていた。踏切の様子も見てください。
画像

画像

どうも、最後尾の貨車か、車掌室か。CANADIAN PACIFICと表示してあった。
画像

道中で見つけたスプリンクラー。6連あった。
画像

日本の農業とは、規模が違う。農業機械の規模も。
画像

走行中に見つけたスクールバス。ちょっとピンぼけ。まんなかのあたりに「stop」の文字が見えるだろう。停車して子どもの乗り降りのときに、これが開いて、後ろの車に停まれと合図している。スクールバスは、民間で経営しており、個人経営もあるそうだが、学校への送迎の他に、地域のいろんな行事の送迎にも使われているそうだ。
もう一つのスクールバスの写真は、次のページ。
http://06996341.at.webry.info/201001/article_2.html
画像

クリーモアの町に着いた。車は路上駐車。
画像

町を歩く。
画像

これが地ビール工場。見学だけで、ここではビールを買わなかった。ビール工場のURLは次の通り。
http://www.creemoresprings.com/
英語のページだが、グーグルだと翻訳してくれる。
画像

手芸店か。
画像

レストランのようだ。
画像

ここで昼食。OLD MILL HOUSE。
画像

食事をしたら、飴のサービスがあった。みっともないかとも思ったが、せっかくの飴なので、嘗めながら歩いた。
画像

何かの店だが、壁に絵が描いてあったので写真に収めた。絵の上の方には貨車が、下の方には何かわからないがテントのようなもの。電機製品や骨董品でも販売しているのか。
画像

小さな公園があった。1925年と表示してあるから、古い公園だろう。Creemore Horticultural Park
画像

ここで写真撮影中。
画像

子供らが踊っている像があった。
画像

その案内板。この像の作者を表示しているのか。
画像

カエデの黄葉。見事だった。
画像

法律事務所か。この町は古い歴史のあるところのようだ。グーグルで検索していたら、ここの歴史を紹介してある記事に出会った。英語だが、グーグルは日本語に翻訳してくれた。しかし、なかなか意味がとりづらい。入植者たちにとっては、1842年にここでの歴史が始まるようだ。日本では江戸時代末期にあたる。
http://members.shaw.ca/hornsby/creemore.htm
画像

クリーモアの町
画像

同じく、クリーモアの町。道路が直線でずっと続いている。
画像

このあと、大豆の刈り取りの様子を見たのだが、それは次回に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック